記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポツダム・サン・スーシー宮殿

ポツダムはドイツの首都の隣町にあたり、その見所は何と言っても、18世紀の後半にプロイセン王であり、
「哲学王」と呼ばれたフリードリッヒ大王が、政治から全く離れ、プライベートのお客様を迎えておもてなしをした
無憂宮と呼ばれたサン・スーシー宮殿とその庭園、第二次世界大戦直後に、戦後のヨーロッパ、特にドイツの処置と
日本政府に対する無条件降伏の宣言を要求したソ連のスターリン、イギリスのチャーチル首相、そしてアメリカの
トルーマン大統領の3人が集まって、いわゆるポツダム会議が開催されたツェツィーリエンホーフでしょう。

この町は小さな町でしたが、1660年にブランデンブルクブルク選帝侯のフリードリッヒ・ヴィルヘルムの
狩猟館が置かれた後に多くのフランスのユグノー派の人たちをはじめとする多くの外国人が移住し、発展し始めました。

哲学王のフリードリッヒ大王が建てたロココ形式のサン・スーシー(無憂宮)宮殿は、1745年から47年まで建てられ、
この宮殿には政治とは全く関係のない人たち、フランスのヴォルテール、作曲家のJ・S・バッハなどが招かれ、会話は
フランス語で行われました。

宮殿の横には、みすぼらしいとも言える非常に簡素な大王の墓が置かれていますが、これは、「自分がかわいがっていた
11頭の犬の墓のそばに葬って欲しい」、と言う大王の遺言によるものです。

戦後まもなく、彼の棺は西ドイツのヘッヒンゲンに移されたのですが、ドイツ統一後はこの場所に戻されました。
誰の手によるものかは不明ですが、墓石の上には彼が普及させたジャガイモがいつも置かれています。

時間のある方は、宮殿の前の階段を下りて噴水のそばまで、そして中国風の茶室まで足を伸ばすのもよろしいでしょう。

もうひとつ、ここから大規模な新宮殿に行くことも可能ですが、日本人のツアーの方はほとんど訪れることはありません。
が、時間が十分にあり、健脚の方はここを訪問するのもよろしいでしょう。
日本人ガイド暦が長い私自身も、この新宮殿をご案内したことはありませんし、プライベートで訪れたのは1度だけ
にすぎません。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤島

Author:藤島
ドイツ個人旅行のお客様をリムジン・ハイヤーでドイツはもちろん、スイス、オーストリア、チェコ、オランダ、ベルギー、フランス、イタリア、クロアチアなど、ヨーロッパ各地をご案内している日本人ガイド、ドイツ語通訳です。
HP:http://www.fujishimatour.com
e-mail:fujishima@gmail.com

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。