記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドレスデン・ピルニッツ宮殿

ドレスデンからエルベ川を15キロほど遡ると、アウグスト強力王が造らせた東洋風の夏の離宮であった
ピルニッツ宮殿に到達します。

いわゆる、大航海時代と呼ばれたこの時代には、オランダやスペイン、イギリスなどの国々は植民地を求めて
世界に船を派遣し、中国からは高価な白磁器や絹織物などを輸入し、そしてその文化、習慣などに憧れると同時に、
その地球の裏側に存在するであろう、全く違った世界に想像を馳せました。

アウグスト強力王は、何人もの召使にボートを漕がせて、この離宮の船着場に足を運んだことでしょう。

シーズンになると、この谷側と山側の宮殿に挟まれた中庭、そして裏側のオランジェリーと呼ばれる温室に
多くの花が咲き乱れ、特に、18世紀に日本から持ってきたと言う椿の大木には圧倒されます。
個人旅行でいらっしゃるお客様は、ザクセンのスイスを訪れる途中で、この宮殿に立ち寄ることにしています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤島

Author:藤島
ドイツ個人旅行のお客様をリムジン・ハイヤーでドイツはもちろん、スイス、オーストリア、チェコ、オランダ、ベルギー、フランス、イタリア、クロアチアなど、ヨーロッパ各地をご案内している日本人ガイド、ドイツ語通訳です。
HP:http://www.fujishimatour.com
e-mail:fujishima@gmail.com

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。