記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザルツブルク

オーストリアのザルツブルクは人口15万人ほどを抱える町ですが、長い間、ザルツブルクの大司教が
支配していた町で、しかも首都のウィーンから300キロ以上離れているため、オーストリア領となったのは、
19世紀になってからになります。

ザルツブルクの「ザルツ」は塩のことで、この地方で岩塩が採れるため、その塩がザルツァッハ川を下って
ヨーロッパ中に運ばれたのですが、その通行税が大司教の財源としていたのです。

今でこそ、塩は調味料としてしか使用されませんが、冷蔵庫のなかった昔は、塩は唯一の防腐剤であり、
塩が取れた町は例外なく裕福でした。

1756年、現在では歩行者天国となり、観光客で溢れるゲトライデガッセで、ザルツブルクが誇る大作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが誕生しました。

彼は25歳の時に大司教と対立し、ウィーンに活躍の場を移します。

後に音楽界の帝王と呼ばれるヘルベルト・フォン・カラヤンも、この町で生まれました。

そして、日本人では誰でも知っている「ドレミの歌」で有名な「サウンド・オブ・ミュージック」は、
この町を舞台としていますが、意外とヨーロッパの人たちは、このミュージカルのことをご存じないようです。

夏の期間は、「ザルツブルク音楽祭」が開催され、世界中から多くの著名な音楽家が集まり、音楽ファンも
大勢この町に殺到し、町は音楽祭一色に染められ、ホテルも非常に高くなります。

この町の見所は、ミラベル公園、ホーエンザルツブルク城、ゲトライデガッセの旧市街、噴水があるヘルブルン、
そしてモーツァルトの生家と住んでいた家、ちょっと足を伸ばして、ハラインなどの岩塩鉱山見学なども
よろしいでしょう。

オーストリアのザルツブルクは人口15万人ほどを抱える町ですが、長い間、ザルツブルクの大司教が
支配していた町で、しかも首都のウィーンから300キロ以上離れているため、オーストリア領となったのは、
19世紀になってからになります。

ザルツブルクの「ザルツ」は塩のことで、この地方で岩塩が採れるため、その塩がザルツァッハ川を下って
ヨーロッパ中に運ばれたのですが、その通行税が大司教の財源としていたのです。

今でこそ、塩は調味料としてしか使用されませんが、冷蔵庫のなかった昔は、塩は唯一の防腐剤であり、
塩が取れた町は例外なく裕福でした。

1756年、現在では歩行者天国となり、観光客で溢れるゲトライデガッセで、ザルツブルクが誇る大作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが誕生しました。

彼は25歳の時に大司教と対立し、ウィーンに活躍の場を移します。

後に音楽界の帝王と呼ばれるヘルベルト・フォン・カラヤンも、この町で生まれました。

そして、日本人では誰でも知っている「ドレミの歌」で有名な「サウンド・オブ・ミュージック」は、
この町を舞台としていますが、意外とヨーロッパの人たちは、このミュージカルのことをご存じないようです。

夏の期間は、「ザルツブルク音楽祭」が開催され、世界中から多くの著名な音楽家が集まり、音楽ファンも
大勢この町に殺到し、町は音楽祭一色に染められ、ホテルも非常に高くなります。

この町の見所は、ミラベル公園、ホーエンザルツブルク城、ゲトライデガッセの旧市街、噴水があるヘルブルン、
そしてモーツァルトの生家と住んでいた家、ちょっと足を伸ばして、ハラインなどの岩塩鉱山見学なども
よろしいでしょう。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤島

Author:藤島
ドイツ個人旅行のお客様をリムジン・ハイヤーでドイツはもちろん、スイス、オーストリア、チェコ、オランダ、ベルギー、フランス、イタリア、クロアチアなど、ヨーロッパ各地をご案内している日本人ガイド、ドイツ語通訳です。
HP:http://www.fujishimatour.com
e-mail:fujishima@gmail.com

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。