記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリュッセル

ベルギーの首都ブリュッセルは、「沼(bruc)、家(sella)」と言う語源から来ているそうで、
人口約100万人で欧州連合委員会が置かれているなど、欧州の政治の中心となっています。

ブリュッセルは、12世紀には交易と交通の中継点として栄え始め、ブラバント公国の
中心地として繁栄しました。

ベルギーはスペイン領、オーストリア領などといった複雑怪奇な運命をたどりながら、
30年戦争後の1648年にドイツから独立してオランダとなり、さらには1831年には
オランダから独立し、現在に至っているわけですが、フラマン語を話すフランドル地方と
フランス語を話すワロン地方に分かれ、ブリュッセルはちょうどその境に位置しますが、
8割の市民がフランス語を話す人たちで占められています。

この町の見所は何と言っても、フランスのビクトール・ユーゴーが絶賛したグラン・プラス、
それを囲むように建っている王の家、市庁舎、ギルドの建物、市役所裏手の食べ物横丁、
小便小僧、アトミウム、聖ミシェル大聖堂、そしてチョコレート、ワッフル、様々なビール、
そして、市役所裏手の食べ物横丁など、観光客を飽きさせる要素がありません。

ドイツの日本人ドライバーガイドのリムジン・ハイヤーで、ドイツからデュルブイなどを通過し、
ブリュッセルからブリュージュ、アントワープなどを観光してオランダに抜けるコースなどいかがでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤島

Author:藤島
ドイツ個人旅行のお客様をリムジン・ハイヤーでドイツはもちろん、スイス、オーストリア、チェコ、オランダ、ベルギー、フランス、イタリア、クロアチアなど、ヨーロッパ各地をご案内している日本人ガイド、ドイツ語通訳です。
HP:http://www.fujishimatour.com
e-mail:fujishima@gmail.com

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。