記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルギー・ブリュージュ

ブリュージュと言う町の名前は、町に張り巡らされた多くの運河にかかる「ブリュッへ(橋)」
に由来します。

12世紀に大津波がこの町を襲い、その時に残された大きな溝に運河を掘り、海と町を結ぶ
水路が整備され、港町としてこの町が発展していきます。

13世紀にはハンザ同盟に加盟、ジェノヴァの商人がここを訪れるようになり、金融、貿易の
拠点として大いに繁栄します。

「株式(BOERSE)」と言う言葉もこの町から生まれ、町の大商人は、市場の開始時刻を告げる
鐘楼を独自の手で建て、町の独立性を誇示しました。
ところが15世紀以降、運河やズイン湾が土砂の堆積によって船の航行が困難となった後、
町は急速に衰退して行き、ゲントやアントワープに経済の拠点が移され、町は当時のままに
取り残されてしまいます。

19世紀以降、町は中世の面影を残す水の都として注目されるようになり、世界中から
観光客がこの町を訪れるようになりました。

オードリー・ヘップバーン主役の「尼僧物語」の最初のシーンは、この町が使われました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤島

Author:藤島
ドイツ個人旅行のお客様をリムジン・ハイヤーでドイツはもちろん、スイス、オーストリア、チェコ、オランダ、ベルギー、フランス、イタリア、クロアチアなど、ヨーロッパ各地をご案内している日本人ガイド、ドイツ語通訳です。
HP:http://www.fujishimatour.com
e-mail:fujishima@gmail.com

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。