記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラスブールの大聖堂

ストラスブールの大聖堂

ストラスブールの見所は、何と行っても町の中央に聳え立つ大聖堂でしょう。

この大聖堂は高さが142メートルで、1874年まで世界一の高さを誇った建築物になります。

この地に9世紀ごろから教会が建てられたのですが、幾度かの火災の後、1176年から
1439年にかけて、最初はロマネスク様式、その後にゴシック様式に建築様式が変更され、
現在の形に完成されましたが、正面を良く見ると、右側の尖塔が欠けたままに
未完成になっています。

南側に置かれている高さ18メートルの仕掛け時計は、1843年に完成したもので、
毎日12時半に動くのですが、12人の使徒がキリストの前を通り、天使が砂時計を
回す、と言った動きを見せてくれます。

この仕掛け時計は12時半に動くのですが、30分ほど前から入場料が徴収されるため
入場制限が行われます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤島

Author:藤島
ドイツ個人旅行のお客様をリムジン・ハイヤーでドイツはもちろん、スイス、オーストリア、チェコ、オランダ、ベルギー、フランス、イタリア、クロアチアなど、ヨーロッパ各地をご案内している日本人ガイド、ドイツ語通訳です。
HP:http://www.fujishimatour.com
e-mail:fujishima@gmail.com

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。