記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス・ランスの大聖堂

シャンパーニュ地方の中心地であるランスの大聖堂。

フランク王国の国王クロヴィスが、この教会で洗礼を受けたことから、歴代のフランス国王は、
このランスの大聖堂で戴冠式を行うことにより、初めてフランス国王として認められました。

現在の大聖堂は、1211年から1475年までに建設され、その後、第一次世界大戦で
ドイツ軍によって壊滅的に破壊され、1938年に再建されました。

この教会の特徴として、西側の入り口のアーチが比較的大きいことと、バラ窓と呼ばれる円形の窓
が2ヶ所あること、それに伴う彫刻のすばらしさであろうか。

内部にはジャンヌ・ダルクの像、1973年に設置されたシャガールのステンドグラスに飾られています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤島

Author:藤島
ドイツ個人旅行のお客様をリムジン・ハイヤーでドイツはもちろん、スイス、オーストリア、チェコ、オランダ、ベルギー、フランス、イタリア、クロアチアなど、ヨーロッパ各地をご案内している日本人ガイド、ドイツ語通訳です。
HP:http://www.fujishimatour.com
e-mail:fujishima@gmail.com

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。