記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス・ジヴェルニー、モネの庭園

パリからルーアンに向かって80キロほど行くと、ジヴェルニーと言う小さな集落があります。

ここに印象派の巨匠、クロード・モネのアトリエと庭園があります。

ドイツ個人旅行で私のリムジンハイヤーをチャーターされたご家族から、「モン・サン・ミシェルに行きたい」
というリクエストがあり、パリに到着したその足でジヴェルニーのそばの小さなオーベルジュに宿泊、
朝一番でアトリエを訪問しました。

モネは43歳にこのアトリエに移り、生涯の後半をここで過ごしました。

見所は何と言っても、有名な多くの睡蓮の絵が描かれた日本風庭園でしょうか。

庭園はわざわざセーヌから引いてきた水路を使った睡蓮が咲く池のある庭園と、アトリエの前にある
さまざまな花が雑然と言っても良いほどに咲き乱れる庭園に分かれています。

アトリエには数多くの浮世絵コレクションが展示されていましたが、残念ながら撮影は禁止です。

幕末のころ、日本から多くの品物がヨーロッパに輸出されましたが、その包装紙として浮世絵が使われ、
その絵はパリの印象派の画家から引っ張りだこになったと聞いています。

「地球の反対側にあるジャポンと言う国では自分たちとは全く違った文化がある」、と彼らは驚嘆すると同時に
「いったいどんな国なのだろうか?」、と憧れを抱いたに違いありません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤島

Author:藤島
ドイツ個人旅行のお客様をリムジン・ハイヤーでドイツはもちろん、スイス、オーストリア、チェコ、オランダ、ベルギー、フランス、イタリア、クロアチアなど、ヨーロッパ各地をご案内している日本人ガイド、ドイツ語通訳です。
HP:http://www.fujishimatour.com
e-mail:fujishima@gmail.com

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。