記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェニス

ヴェニスはご存知の通り、車がまったく通れない町になります。

この町の歴史は西暦452年に始まるのですが、ゲルマン民族の侵略から逃れるために北イタリアの住民が
湿地帯であるこの場所に移り住み、発展して行ったのがこの町です。

地理的な理由もあり、農業ができなかったために、生活の活路を海に求めたのは当然の成り行きで、
9世紀ごろから、フランク王国、イスラム世界との貿易が始められ、特に十字軍遠征が行われた
12,3世紀にはアドリア海、地中海沿岸、そして黒海までその勢力が及び、地中海で最大の国家として
その栄華を誇ります。

その後、15世紀半ばのオスマン帝国の進出、バスコ・ダ・ガマによるインド航路の発見により、
独占していたアジア、中近東から地中海を経て運ばれる香辛料の貿易の中心がスペイン、ポルトガルなどに
移り、あっという間に没落して行きます。

18世紀末にはナポレオンに侵略され、その領土はオーストリアに引き渡されもしたのですが、1866年の
普墺戦争でオーストリアが敗北した後でイタリアに編入されました。

この町はS字型の大運河(カナル・グランデ)を大動脈として、大小約150の運河に400の橋がかかっています。

見所は、町の中心地であるサン・マルコ広場、サン・マルコ寺院、大運河にかかるリアルト橋などが
あげられますが、どこに行っても絵になるし、何をしても絵になります。

1955年に封切られたキャサリン・ヘップバーン主演の「旅情」と言う映画は、この町を
舞台としているのですが、この町を訪れる多くの観光客は、この映画を見て憧れを抱いていた
のではないでしょうか?

そして、その人たちの目に飛び込んでくる光景は、栄華の場面と全く変わらないものであることに
感動し、そして満足なされることでしょう。

世界に冠たる観光地であるため、ホテル、レストランなどは非常に高いのですが、この地で一生に一度の
贅沢をするつもりで奮発したらいかがでしょうか。

まさに、「百聞は一見にしかず」と言う言葉がぴったりする町なのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤島

Author:藤島
ドイツ個人旅行のお客様をリムジン・ハイヤーでドイツはもちろん、スイス、オーストリア、チェコ、オランダ、ベルギー、フランス、イタリア、クロアチアなど、ヨーロッパ各地をご案内している日本人ガイド、ドイツ語通訳です。
HP:http://www.fujishimatour.com
e-mail:fujishima@gmail.com

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。