記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルシンキ

北欧の国の一つであるフィンランドは、面積がドイツとほぼ同じ34万平方キロメートルですが、人口はわずか530万人、その首都のヘルシンキは61万人になります。

この町は建設されたのが1550年ですが、これは対岸のタリンに対抗することを目的として造られました。

ヘルシンキの見どころ、というとそれほど多くはないように思いますが、1868年に完成されたギリシャ正教のウスペンスキー大聖堂、フィンランドの大作曲家シベリウスの記念碑、岩の中に建設されたテンペリアウキオ教会、港の市場、スオミリンナ要塞などでしょうか。

時間があれば、フェリーで対岸のエストニアの首都タリンに足を伸ばすのもよろしいでしょう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤島

Author:藤島
ドイツ個人旅行のお客様をリムジン・ハイヤーでドイツはもちろん、スイス、オーストリア、チェコ、オランダ、ベルギー、フランス、イタリア、クロアチアなど、ヨーロッパ各地をご案内している日本人ガイド、ドイツ語通訳です。
HP:http://www.fujishimatour.com
e-mail:fujishima@gmail.com

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。